図書館で借りてきた本…
「もっと知りたいピアノ教本 これからのピアノ・レッスン(音楽之友社)」

実は、何度も借りては読んでいる本…


色々なテキストについて書いてあります。
特に助かるのが
導入の時の楽譜が、大譜表か、ト音記号だけかがわかること。
音符の増え方も、「ミドルCから両方向へ広がる」とか書いてあること。

バイエル型か、どりーむ型かが先に解るのは
テキストを選ぶときには大助かり!!


価格、何巻まであるかも書いてあるし…


音名が「CDE」か「ドレミ」かも書いてある!


ハッキリと短所は書いてないのだけがちょっと残念だけれど…
そこはショップへ行って、実際の楽譜を見て、
いろいろ見比べればわかることだし

ある程度、目星をつけて探しに行こうなんてときに大助かりです!
よそのお教室からうつってきた子が、
使っていた楽譜を私が知らない時にも、どんな楽譜だか参考になるし…。


なかなか便利な本です。
卒業シーズン…
新ピアノ講師になる方もいるはず!必見ですっ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/762-4dc09a96