2016.05.16 自信をもって
コンクールに向けて、準備中の子達…
なかにはおうちでの練習時間が取れずに
微妙な調子になっている子も。

あまりに危険な状況の時には、
申し込み前ならば、参加するかどうか…を本人、おうちの方に相談します。


先週、「来週の弾け具合で考えましょう!」とした子。

レッスンに入ってくるなり「無理だってわかった」と…。
おぃおぃ、頑張りもせずにかい??

よーーーーーーくお話をして、
今週の弾き具合もよく聞いて。
では、今日1回のレッスンでどこまで伸びるか見て、最終判決にしよう!と。


指は動かないでしょうから…まずは動くように……。
今日、弾く課題曲に必要な動きができるようにして…。
前回までにやったメロディが覚えられているか、ドレミを歌ってみて…。
鍵盤の移動個所は…できるか確認。

片手を弾いてみて……「できた!!!!」
じゃぁ、両手……「うぉーーーーー!!できた!!!」


そう…
弾いてこないのに、「頑張って練習してきた」と今までウソをついてしまうところがあったのです。
弾いていないなら、動くようにしてから始めるんだから!言うこと!!
本当は覚えているんだから!!
と、お話を。

今までで、1番いい音で、
1番美しくメロディーを奏でてくれたのです。


引っ越してくる前、習っていたお教室では
先生がとにかく怖くて…しょっちゅう泣いていたそう。
ピアノが好きとかではなく、怖いから練習をしていたのだそう。
しかも、音符の読み方も、リズムの読み方も習わずに。
コンクール曲はおうちでお母さまがユーチューブを頼りに教えていたとか。

危うく、音楽嫌いのまま、育つところでした。


今日は、レッスンをおえて、明らかに自信がついた様子。
まだ申し込みまでは、もう少し期間があるので、もう少しやってみる!と。


子供たち…
本当の自信を持つと……あとは凄いですっ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1883-87a5dd02