先日、県コンクールの課題曲講習会に行き…
バッハのフレーズの切り方が、
完全に悩み状態になってしまい…

いつもレッスンを一緒に受けている先輩へ相談。
困ったときに、相談できる先輩がいてくれて
心強いかごろです!!


講習会で学んだもの…
先輩の相談で得たもの…
弾く本人ちゃん達にはコレがあう…をまぜて
フレーズを考え直し…。


昨日、今日は
そのバッハを弾く子たちがレッスンに来ました。

1人は、とても器用な子。
すぐにフレーズのチェンジにも対応してしまいます。
っで、ひとこと「最初、この切り方だったよね?」…と。
そうだったんです。
最初は、その切り方ではあまりに弾きにくい…と、弾きやすいように直したのでした。
「これでも、弾けるようになっちゃったーあれまーーーー」と言いながら弾いていました。


もう1人は、ちょっと不器用。
ですが、歌わせ方は深いタイプ!!
フレーズを変えて、深さが増したような。


2人とも、「ここもつなぐ?こうのがいい?」と自発的なところも出てきました。
課題曲講習会で
「工夫をすることが大事」とおっしゃっていたのを思い出しました。
まだ期間はあるので、どんどん工夫をしていかなくては!!


バッハ…本当に難しぃ。
コンクールで期間をかけて勉強するバッハは、本当に成長します!!

なるべく小さいうちに、多声部の曲に取り組ませてあげたいものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1882-ac850e4d