2015.10.10 伴奏法
昨日…
後輩から電話が!

大学の伴奏法の先生、白石隆生先生が亡くなったと。
今日、新聞にも載っていました。

とても厳しい先生…
授業についていけず、履修中止にする人もいたくらい…。

私は、専攻科に入ってから、白石先生の授業を受けましたが…
すごくいろんなことを習いました。

楽譜や、辞書には載っていないことも。

ちょうど、生徒の連弾の楽譜を用意していて…あ!!と。
長い曲だったので、省略箇所を作ったのですが…
省略の書き方を教えてくださったのが、白石先生でした。

試験や、オーディションで管楽器の伴奏をするとき、
コンチェルトなどはピアノ伴奏の部分が長い場合は
上手くカットをしなくてはなりません。

そのカットの書き方…「Vide」ヴィーデと読みます。
省略が始まる箇所に「Vi-」と書いて、
着地点?に「ーde」と書きます。

ほかにも色々、大事なことを習いまくりました。
先生に教えていただいた事…
活かしていけるように…励まなくては…


白石先生、
ご冥福をお祈りいたします
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1826-2cd3ad6c