先週は、リレーコンサートに、コンクール!と
生徒の本番がありました。

今日は、コンクールを終えた子が
コンクール後初レッスンに。

惜しくも、ほんの少しだけ点数が足りず
先の大会へ進めなかったのですが…。
昨年とは違い、元気いっぱい現れました。
宿題に出しておいた練習もしっかりやって!!
書く方の宿題は「すっかりわすれてたーーー」と。

今日は、コンクールを振り返ってのコメントを書きを宿題に追加っ。
おうちの方への「感謝状」作りももして。
感謝状が爆笑…
「ママ、いつもアル〇〇ーどで、おくってくれてありがとう。おかげでコンクールがんばれたよ」
車種限定??しかも、最後がなぜか平仮名??
締めは「おれいに、かたたたき20回するね」と。
20回は…右左1セットで1回の計算40回叩くことになるそう。

かわいい、感謝状となりました。


週末には、リレーコンサート後、初レッスンの子もきました。
ほんの少しのミスはあったものの、満足げ!
始まった直後に、最後の部分に飛びそうになり、
慌てて弾き直したのです。
よくそのあと、ボロボロになったりしなかったな~と感心しました!!
今回、1ヶ月ちょっとでの準備に間に合い、
大舞台で弾いたことで、かなり自信もついた様子。

ただ…
「間に合わない時は、途中から片手でいいんだね~」と。
いやいや、だめだってばーーーっ
「暗譜しなくていいんじゃんっ」と。
うーーーん。
そんな演奏が多かったんです…。

暗譜…何のためにするかをしっかり説明する羽目に。

暗譜は…
その先に弾く鍵盤がわかっていなければ手が用意できないし、
メロディーがその後どうなるか分からず弾いていれば、
繋がらない音、ただの音の羅列になってしまうし…

私も一時、暗譜が全くできなくなった時期がありましたが…
今は暗譜の作業をすることでなんとか乗り越えましたが、いまだ怖い暗譜。

生徒が本番に弾く曲は、和音の解析をして…
暗譜しずらそうなところはポイントを考えて、小さい生徒に分かるように伝授…。
自分が弾く曲も、同じにしたら、暗譜が早くなるんだろうけれど…
自分の曲は、つい後回し…。

あちゃーーー。

本番に向けて頑張った生徒ちゃんたちに負けずに頑張らないと…。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1662-d5b541ec