2013.09.17 足台と椅子…
土日に行われたリレーコンサート…
園児、小学生の参加も多く
足台、補助ペダルを使う子も多く見かけました。


っが!!!!
今年も、足台&椅子の高さが合っていない子が続出していたんですっ。

なぜか…?って…
子供の演奏の方は無知なホールの方がセッティングをすることもあるから…。
「合わなかったら言ってね」といわれていても、
知らない大人に「高い」だの「低い」だの、言える子は少なく…。
急ぎで帰る日ではなければ、手伝っていたのですが…今年は、即帰りっ!!だったので…

ホールスタッフではなく、ピアノの先生がセッティングをしている場合でも
「いつもこの高さだから~」と置いていたりすることも。


もちろん、カンペキに弾きやすい位置&高さへ
セッティングしている方もいらっしゃいましたが。



ピアノの高さは楽器によって異なるので、
椅子の高さも足台の高さも変わってくるのです。

セレスリレーコンサートで使用するベーゼンドルファーは
ピアノの足についたキャスターがとても大きいので、高さが高めになります。
もちろん、椅子も足台も高めになります。


合わない椅子で弾いていれば、
肩や肘に力が入って、より一層緊張したりすることもあるはず。
小さな演奏家達のために、より良い高さを即選べるようにしておかなくてはならないと
改めて感じました。



ちなみに…うちの足台の裏には
130913
四隅にガムテープ!!滑り止めになります!

高所恐怖症で、台にのるのもコワイという子がいるので
動かないよう、滑り止めのガムテープを貼っています。
なぜなのかよく解りませんが…ガムテープを貼ると滑らなくなるとか。
ホコリがついたりすると、効き目がなくなるので
毎回、本番前日には貼りなおしています!

滑り止めマットを持っていかずにすむので、少しラクですよ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1529-03cc8f9f