コンクール曲準備中の子には、
「練習ノート」をつくっています。

毎回、気をつけることを書いて…
翌週できていたかどうか、チェック!

今年は低学年の子ばかりが、コンクール参加なので
練習ノートを自分で書かせると、時間がかかるのはわかっているのですが…
なぜか、自分で書いた週の方が、
翌週の出来が異様によく。

なるべく、自分で書いてもらうようにしています。
つい、コンクールレッスンで加熱しがちなので、
クールダウンや、頭のリフレッシュにもいいようです。

なかには、自分の言葉で表現して書く子もいて
こども達は、そう考えているんだ!と発見もあります。


今日も自分で書いていった子が!!
っが、やはり「きおつける!!!!」
「気を」だってば…。


書いているところに、やってきた中学生!!
彼女も、昨年まではコンクールを受けていました。
「懐かしいの書いてるー!」と。
低学年ちゃんへ「○○のコンクールは大変だよぉ…」と
微妙に経験者からのアドバイスを教えてあげていました。

「きよつける」には中学生もニヤニヤ~と「かわぃい」と。


練習ノート…
色々成長しているようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1465-a1c2ac2b