生徒が受けるコンクールの課題がバッハ!!

バッハをもっともっと勉強しておかないと!と思い
図書館から借りてきたのが…

バッハの音符たち 池辺晋一郎の「新バッハ考」
という本。


以前、N響アワーに出ていた作曲家の先生ですが…
実に面白く読めてしまう本!!

知らないなんてバカじゃーーん!て感じの本もありますが
この本の中では
作者の池辺先生が「私も知りませんでしたが~」的な感じで
親しみがわきまくり!!

難しくなりがちな、調、モチーフ、テーマなどの話も
つい引き込まれて読んでしまいます。


おかげで、生徒が弾くバッハは組曲の中の1曲ですが
別の曲も弾き始めています!!

うーーーーーんっ
バッハ、たのしぃーーーーー


実は…
池辺先生と呼んでしまうのには訳が…。

中学3年の時の吹奏楽コンクールの課題曲作曲者が池辺先生!!
私の学校は課題曲2曲を練習して、1曲を選ぶことに…。
結局、池辺先生の曲ではない方を本番用にすることにはなりましたが。

当時は、なんて難しい曲!!としか思いませんでしたが


あんな難しい曲を書く方だから、解りやすい本が書けたのでしょう!


はまりまくっていますが、不思議なことに
考えすぎて、読み進んでいないので…
早く先も読まなくては!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1324-5c040416