音符の長さをお稽古するときに使っているカード…
四分音符、二分音符、付点二分、八分音符…と色々そろえてあります。

小さな子供たち、習い始めの子達は
四分音符、四分休符を並べて、即リズムを打ったり
逆に打ったリズムどおりにカードを並べたり…と色々お稽古。

新しいリズムが出てきたときには、
即このカードを利用して、リズム練習をしてから…


っが…
なんとなくやりにくかったのが、8分の3拍子、6拍子

ちょうど8分の3拍子にはいる生徒がいたので
この際作っちゃうか!と思っていたのですが…

作るのを思い出したのは、その生徒が来る前!

慌てて制作!!
…にしてはうまく出来ました。
120411

いつも使っているカードよりも、一回り小さく…。
たまたまカードが一回り小さいサイズで残っていたのと、
4分の…と8分の…の区別ができるように~と。


早速、生徒に使いました!
まだ低学年の子ですが、即理解OK!!

カードを使い分け、4分の…だったら?
8分の3だったら??も、無事にリズムを打つことが出来ました!



生徒が帰った後
穴あけをして、補強のシールを貼り…
できあがり!!

またレッスングッズが増えました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaomame.blog76.fc2.com/tb.php/1271-e6bde4f6