上田市の図書館はピアノ関連の本もいっぱいあります。

先日借りたのは
角聖子さんの「ピアノがうまくなるにはワケがある、努力よりコツ」
という本。

習う方にとって、どんなことが疑問なのか?を知ることも重要ですし、
教えるときに違った言葉、説明を使うことができることもあるので
弾くコツ本のようなものも読むようにしていますが…
役立つこともありました!!

やっぱりな…だったのは
バッハ!!

著者の方のところへ、音大卒の人がレッスンにきたとき
2声のインベンションをレッスンするのだそう。
メロディーを弾くことの難しさを認識できる曲…!!


私も、毎日バッハは弾くようにしています。
生徒が弾いている小曲、インベンション、シンフォニア…
はまってしまったり、時間がなくて、
バッハだけで練習が終わってしまうこともありますが…。

バッハはやはり重要!!

後輩や、友達が
卒業後、弾いていなかったけれど、レッスンに行こうと思って~
「何を弾いていったらいいかな?」ときかれると
バロックの小曲か、インベンションなどを薦めていましたが…
たいてい…「は?」っという、微妙な反応。
バッハ案は却下されてますが…


どんな曲をやるより、一番しっかり勉強できます。
和音などの練習は別にしなくてはならないですが…

生徒ちゃんが弾く時も、メロディをどう理解しているかが
一目瞭然になるバッハ!


改めて、重要さを感じました。


スポンサーサイト
2012.09.09 Nコン!
Nコンこと、NHK全国学校音楽コンクール
長野県大会の中学校の部の放送が、今日ありました!!

中学生の生徒チャンが出ているので、
探しつつ見ました。

昨年も出場していたのですが、
1年生で…課題曲のみを歌い、自由曲は歌わなかったそうで…。
テレビの放送では、自由曲のみなので見れず、残念でした。

今年は両方歌っているので、見ることもできました!!
凄く声もキレイで、ゾクゾクっとするほででした。
…が、ほんのちょっとの箇所の音程のズレのためか
惜しくも銀賞だったそうで。
厳しいコンクールです。

長野県内の合唱のレベル…あがっているようにも思いました。

いつもは物静かな生徒ちゃんが、
凄く一生懸命にのびのびと歌っている様子にホっとしました。


中学生の中には、
学校で、部活でうまく行っていない子もいたりするので
先輩、友達顧問の先生に恵まれているような空気を感じさせる合唱部に
「よかったねーーー」と思わずにはいられません。


今回のNコンは、終わってしまいましたが
次は別のコンクールなどもあるようで…
また頑張ってもらいたいものです!!
生徒が受けるコンクールの課題がバッハ!!

バッハをもっともっと勉強しておかないと!と思い
図書館から借りてきたのが…

バッハの音符たち 池辺晋一郎の「新バッハ考」
という本。


以前、N響アワーに出ていた作曲家の先生ですが…
実に面白く読めてしまう本!!

知らないなんてバカじゃーーん!て感じの本もありますが
この本の中では
作者の池辺先生が「私も知りませんでしたが~」的な感じで
親しみがわきまくり!!

難しくなりがちな、調、モチーフ、テーマなどの話も
つい引き込まれて読んでしまいます。


おかげで、生徒が弾くバッハは組曲の中の1曲ですが
別の曲も弾き始めています!!

うーーーーーんっ
バッハ、たのしぃーーーーー


実は…
池辺先生と呼んでしまうのには訳が…。

中学3年の時の吹奏楽コンクールの課題曲作曲者が池辺先生!!
私の学校は課題曲2曲を練習して、1曲を選ぶことに…。
結局、池辺先生の曲ではない方を本番用にすることにはなりましたが。

当時は、なんて難しい曲!!としか思いませんでしたが


あんな難しい曲を書く方だから、解りやすい本が書けたのでしょう!


はまりまくっていますが、不思議なことに
考えすぎて、読み進んでいないので…
早く先も読まなくては!!
2012.05.03 Nコンの番組
Nコンこと、NHK合唱コンクール!

生徒の中にも小学校、中学校のクラブで
参加する子がゾロゾロいます。

今日、テレビをつけたら…たまたまNコンの番組が!!
詳しくはこちら
「スーパー合唱教室」

小学校の部の「うたごえをつくろう」の回の再放送でしたが…。
なかなか気になることがちらほら。

指揮…
大切なんですよね!!

ピアノの拍子感、歌うように弾くこと…なども
指導者の考え、力が重要になってきます。


番組ではボールをイメージしていましたが…
ボールのイメージは色々なことに使えるので、大事!!

ピアノを弾く子のなかには、ボール遊びはしない!なんて子もいるので…
ピアノ部屋には、ボールを用意してあります。
チビちゃんたちは、見つけたら遊んでしまうので
普段は隠してありますが…。

ただ歌うだけではなく、いろんな事を考えないと!
ピアノもね~。


合唱部の子達…番組見たかナ~????
24時間テレビ…

今年は千葉県柏市立柏高校の吹奏楽が演奏すると
友人から情報が入り…
テレビ欄をチェック…。

夕方あたりかな?と待ってました!!

待った甲斐がありました。
素晴らしい演奏&パフォーマンス!!!

コンクール時期にテレビ出演なんてすごいと思ったら…
3連!
金賞を3回連続とった為、今年はお休みの年だったんですね。



私は柏市出身…
柏市は吹奏楽のレベルが高い地域だと
今になってやっと気付きました。

小学校でも、近隣の学校にとーーーーってもうまい学校もありました。

うまい学校の共通点…
すごい指導者がいること!!
無駄な練習を行っていません。
個人で行っている基礎練習でも、無駄のない…。

近隣の学校にも、影響してきます。
私も「いちかし」こと市立柏高校にあこがれ、
楽器の持ち方など真似たものでした。



今、生徒達が通っている小中学校の吹奏楽は、費用の方が大変そう。
譜面台、チューナーなどなど…実に色々購入します。
講師の先生方の講習があり、その費用も…。

っが、基礎練習、個人練習が足りていないのがハッキリと…。
ロングトーン、やりましょうよぉ…。
自由曲では異様に難しい曲をやりますが、まずは音が出ていなかったり…。




ピアノの指導でも…
「出来ないのを繰り返すのは、無駄なこと」
バティック先生に教わった大事な言葉…。

気をつけなければ!と改めて感じました。
先日、図書館でピアノの本を借りてきました。


「あきらめないで! ピアノ・レッスン
 発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ」
 (出版:ヤマハミュージックメディア)


普通の生徒にも役立ちそうなことも載っています。
熟読し…1度借りては、返し…また借りて…
もう3度は借りている本です。


生徒の中には、
ドとレを教えたら、ミファソラシは自分で読めちゃった子!
音符の長さを覚えたら、すぐに左右違うリズムでも平気に叩く子!
なんて子もいれば

音符のなかからドを発見できるようになるのに数ヶ月かかった子…
音符の中が黒いのか、白抜きなのか、見分けがつかった子…
なんてレッスンも…。


残念ながら、本に書いてあることだけでは
もちろん完璧ではありません…。

音符の長さが理解できない子…。
カードや発砲スチロールボードの力を借りても
理解するには難しかったり…なんてこともありますから。

でも、そんな方法もある~!と考えるのに
良い本です。
読んでいて、思いつくこともたびたび。

今回、再度読み返して
「指の支え」の訓練方法をもう一度考え中です。



上田の図書館には、なぜかピアノの関連の本も多く
とても助かっています。
2010.12.14 のだめ25巻!
のだめ25巻!昨日発売だったのですが…
今日、購入!!


即読みました!

自分のレッスンまで1ヶ月なのに…。
読む前に練習しろヨっ!ってところです。

レッスンは1月13日&14日!
(聴講は当日でも可能ですので、聴講希望の方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。)

はぁ…

メンデもシューマンも
曲が長く聴こえる…。
っというか、特にシューマンの後半が…飽きるほど長い。
滑稽なリズムのところは、重たくて変だし。

やばぃ…
2010.10.15 歳を…
「僕らの音楽」でKANさんがピアノを弾いて歌っていました!
なんだか久しぶりのような気も…。

以前とちょっとひき方が違う…。
盛り上がるサビは以前の弾き方でしたが。


最近、ゲゲゲで注目の松下奈緒さんも、
以前とちょっと弾き方が違います。

無意識に変わってきたのか、
意識的に変えたのかは判りませんが、やさしい音色になった感じ~。



10代の頃と同じ弾き方をしていると、
ある日突然痛みがやってくることもあるピアノ…

私も一時痛みが。
習慣になっていたものを直すのは凄まじく大変でしたが
弾き方を直しました。


テレビで目にする方も、弾き方を変えたりしているのネ~と
すごく感心しちゃいました!
日テレでやっていた
「世界一のショータイム」

吹奏楽の柏市立柏高等学校がでていました!

小中学校は柏市内の学校に通っていた私…
いちかし吹奏楽部には超あこがれていました!!


演奏…
サイコーーでしたーーーーーーーーっ!!!


素晴らしい指導者に会えた生徒達が羨ましいです。


県コンやプレコンの前は
お辞儀などのお稽古もしていますが…

演奏者としてのパフォーマンス、意識…
見習わねば!


小中学生の生徒の中には吹奏楽部や金管バンドに入っている子がいますが
先生が指揮を間違え…
生徒達は吹いていない子もいる…
明らかに間違った持ち方の子まで…
なんて学校も。

日数だけはまねて、凄まじい練習日の量のようで…
なんだか気の毒になります。


さぁて…

リレーコンサートに出る子は、本番まで4週間を切りました!
本人が持っていた楽譜は、前奏なく突然始まる楽譜…。
2年生の彼女がすぐに弾けて、覚えられそうな前奏を作りました。

あとはステージマナー…
先月、他教室から移って来たばかりなので
まだ何も知らない状態。

色々お稽古しなくては!!!
図書館で借りてきた本…
「もっと知りたいピアノ教本 これからのピアノ・レッスン(音楽之友社)」

実は、何度も借りては読んでいる本…


色々なテキストについて書いてあります。
特に助かるのが
導入の時の楽譜が、大譜表か、ト音記号だけかがわかること。
音符の増え方も、「ミドルCから両方向へ広がる」とか書いてあること。

バイエル型か、どりーむ型かが先に解るのは
テキストを選ぶときには大助かり!!


価格、何巻まであるかも書いてあるし…


音名が「CDE」か「ドレミ」かも書いてある!


ハッキリと短所は書いてないのだけがちょっと残念だけれど…
そこはショップへ行って、実際の楽譜を見て、
いろいろ見比べればわかることだし

ある程度、目星をつけて探しに行こうなんてときに大助かりです!
よそのお教室からうつってきた子が、
使っていた楽譜を私が知らない時にも、どんな楽譜だか参考になるし…。


なかなか便利な本です。
卒業シーズン…
新ピアノ講師になる方もいるはず!必見ですっ
近所に出来た「ヤ○ダ電機」
電気製品はほとんど買ったことが無く、
雑誌、お菓子などだけ。

今日も雑誌を見に行って、本を1冊衝動買いしました。
音楽之友社「ピアノの先生の便利帳」という本です。

メソッド初出事項のページが役立つ感じ!
ただ「ギロック」に偏りすぎてる感じはしますが…
グルリットは?
ストリーボックは?
でも、各メソッドの弱点も鋭く指摘してあって「なるほど」っと言う感じ。
別の出版社のテキストについては、ちょっと厳しいコメントなのはご愛嬌!?
でも「どりーむ」に欠けている曲…その通りだと思っていて
別の教材から追加したりしていました。

ピアノの先生の中には、いろんなテキストがあるにもかかわらず
1種だけを使う方がいらしたり…
指を早く動かすことだけを重要にして、他の曲は重要な課題があってもとばしたり…
ということがあるようですが…
この本を見ると、「この課題のためにこの曲」とわかり
おうちの方々が読んでも面白いかもしれません。

電機屋さんで、いい本ゲットしました!
2009.08.11 22巻
昨日は「のだめカンタービレ22巻」の発売日!
土曜日の疲れで、ボーっとしていて、買いに行くのを忘れそうでしたが…
なんとか昨日のうちにゲット。

今日までに、もう何度か読み…熟読っ!!

ショパンのコンチェルト。
私は1番より2番がすきだけど…

ぁー先が読みたい!!
毎月買っている「月刊 PIANO」
20日が発売日なので、レッスンの合間に購入して来ました。

今月の特集に…
ピアニスト関野直樹さんが載っています。
ハンガリー、リスト音楽院に留学して帰国したピアニストです。
リスト音楽院での先生がドラフィ先生なので…何度かリサイタルに伺いました。

背は高いけれど、すごーーくほっそりしていて…
ほそいから(!?)…PPのところは凄く繊細!
ほそいのに(!?)…ffのところはゲキチのパワー

学校は違いますが、同い年なので、いい刺激をもらってきます。
いつも買っている雑誌に大きく載っていて、びっくり。

また演奏会もあるようで、聴けるのが楽しみです。

2009.06.09 速っっ!!
モシュコフスキーの宿題が出たのですが…
ホロヴィッツの速さで!と。

探してみたら、アンコール曲ばかり入ってるCDに2曲とも入っていたので注文!
今日届きました!

早速聴きましたが…
速いっ!!!!!!

笑っちゃうほど速いっ!!
でも、速いだけじゃなくて、しっかり歌ってるって…
超かっこいぃーーー

やばぃ
あんな速さで弾けるのでしょうか?
まずは完璧に暗譜をしなくては!
「題名のない音楽会」
先週&今週は吹奏楽!!

先週、たまたま途中から見て、気がつき…。
慌てて、吹奏楽部に入っている生徒にメールしました。

先週は歴代課題曲!
今週は自由曲の人気ランキング!

吹奏楽の曲では1番好きだった「アルヴァマー序曲」が
トップ10のなかの2位に入っていました!
わーーーぃ!!
1位になるかとも思いましたが…曲の難易度でしょうか?

上田の小中学校の吹奏楽、金管バンドの演奏会だと
Jポップばかりで、アルヴァマーのような曲が少なくて…。
Jポップだと、毎年新しい曲の楽譜が売れて、楽器店は嬉しいのでしょうけれど。

中学の時の部活で一緒だった友人達にもメールしたのですが、
「アルヴァマー」がとても懐かしく思えました。


アルヴァマーって…
人の名前だったのね。今になってはじめて知りました。おぃおぃ
2009.02.04 ピアノ上達法
図書館で本を借りてきました。
「明解ピアノ上達法」 川染雅嗣著 (ショパン)

まだパラパラっとしか読んでいませんが、なかなかいい感じっ!
姿勢のこと、脱力のこと、暗譜のこと…などなど。
体の使い方などは写真も多いし。

まだ良くは読んでいないのは…
首が痛いから!!

寝違えたみたぃです。
のだめに出てくる、きよらちゃん?


図書館では「音楽の友」も毎月入っているので、借りてきています!
もちろん、こちらもまだ読んでいません…。

もぅ。
明日には治るといいのですが…。
今日はNHKの合唱コンクールの中学校大会の放送が!!

母の母校が出ていました!!
異様に楽しげに、踊って「手紙」歌っていました!!
っで…銅賞受賞!

おめでとぅございます。

ちなみに…母は、
制服が当時と変わっていないことに驚いていました。
2008.08.24 ブロックM
久しぶりにN響アワーを見ちゃいました。

毎年夏には、演奏会でブラスの演奏をしたのが放送されています。
今日はちょうど、そのブラス!
ブラス曲は2曲しかなかったけど…。

生徒の中には吹奏楽部、合唱部の子がいて
最近、テレビで放送があったりすると気になります。

私も小&中は吹奏楽部…
今日、N響アワーでやった「ブロックM」は、中学のときにやった曲でした。
聴いていてビックリ…
主旋律だと思っていたところが、バックになる部分だったり…。
中学の頃はまったく気がつきませんでした。

吹きにくかった、ぃやーな部分も…

なつかしぃ…
いつの間にか…

のだめ21巻発売していたんですね!!
今日あわてて買ってきました。

即読んでしまいました。

ラヴェル…
私は苦手ですが…聞きたくなっちゃいました。
2008.03.13 20巻!
のだめ20巻発売になりました!
即買いにいってきました~。

ショパンのソナタ3番が!
30日のプレコンで、同級生が4楽章を弾いてくれます!

ぅーんリストは出てこなかったなぁ。残念っ
ダンテ使ってくれないかな~
月刊Pianoによると…
のだめフランス編の役者さんは
ターニャをベッキーが
フランクをウエンツ!


あと片平はアリキリの石井さん。
ジャンの彼女のゆうこさんを、山口紗弥加さん
孫Ruiを山田優さん。

うーん、楽しみ~。
2007.11.13 19巻買った~
今日は、のだめ19巻の発売日!!
さっそく買ってきて…読んじゃいました!

おもしろかったーーー!!

出番がなかった人が、久しぶりに出てきたし…。

1月のドラマが楽しみだなぁ
2007.06.16 のだめ18巻
昨日、先輩から「のだめ18巻が発売になってる!」とメールを頂き
あわてて本屋へ!!

早速読みました!
またリストの曲が出てきました~。

弾いてなぃ曲だぁ…
伝説は「波の上…」は少し弾いたんだけれど…。

んー、また弾きたくなってきた~


ダメダメ
モーツァルトの2台ソナタの本番前ですってば
ダンテのレッスン前ですってば


図書館で借りてきた
「パリのヴィルトーゾたち」という本を読んでいます。

著者はリストのレッスンも、ショパンのレッスンも受けた人!
当時のリストやショパンの性格がわかる感じの本です。

リストのレッスンを受けてから、ショパンのレッスンを受けに行ったようで…リストよりもショパンが好き!という方々には好きになれない本かもしれません。
私は…どちらも好きなので、面白く読んでしまいました。

リストのレッスンのところは、今私がレッスンで言われるような事も出てきて…
「えーーっリストもそう言ってたんだ!!」という事も。


この本が、何より面白いのは…著者の表現が超詩人なこと!
「のだめ」の佐久間さん(ケイコとマナブの、マナブのほう)みたい!

私の頭の中では、佐久間さんに置き換えて読んでしまっていて
読むのに、異常に時間がかかっています。
うーん、ポエマーだっ
今日、図書館に行って本を借りてきました。
雑誌のコーナーに「音楽の友」があったので、5月号を借りてきました。
最新版は、その場で読めるだけで、借りる事はできないんです。

以前は、毎月読んでいたのですが
(かわずに、学校の図書館で…)
最近は読んでいなかったので、久しぶり。

新しい情報…仕入れるためにも、読まなきゃだめだ~っと感じました。

他にも、音楽関連の本を借りてきました。
読むぞー
読むの遅いけれど…
「ダンテを読みて」を弾くには、やはりダンテの「神曲・地獄編」を読まねばっと思い、昨日本を買いました。

弾き始めた頃に、ジュニア文庫という子供用に解り易くなっている本では読んだのですが…詩ではなく、物語になっていたので雰囲気が全然違ったようです。
どんな話なのかは解ってよかったけれど…。
実は、ジュニア用の本でも、私には超難しかったんです。

普通の「神曲」は…
「なんじゃーこれはっ」というくらい、解らない漢字が大量にあるし、意味の解らない単語もいっぱい。
「私、日本人だよねぇ?」と不安になるくらい。


1ページ、いぇ1行読むと眠くなります

私の軽く暗さの足りないダンテには、役に立つこと間違いナシだと思いますが…。
スタインウェイ戦争―誰が日本のピアノ音楽界をだめにしたのか
高木 裕 (著), 大山 真人 (著)
という本を図書館で見つけ、借りてきました。

最初の方は「大変だったんだねぇ」と思いながら、読んだのですが…途中までしか読んでいません。
ある会社のイジワルの話で…読んでいたら、気が重くなりそうで著者の方には悪いのですが…。

でも、調律師の話は興味がありました。
本に出てくるフランツ・モア氏、つい最近来日していたようです。
http://www.piano.or.jp/seminar/festival/festival61.html
聞きたかったなぁ。
練習中のモーツァルトの2台ソナタ
今日、買い物にいったついでにCDを探してみようと思ったら…
見つからず…お店の人に聞いたら「……」と固まられてしまい…自分で探す事に。結局のだめコーナーが出来ていて、そこで発見しました!

しかもっ!!
今なら、のだめのステッカーを貰えるとの事で
アルゲリッチのCDを買いました。

ステッカーもしっかり頂いてきました。
うれしぃっ
昨日、図書館で借りてきた本「ヴァイオリニストの音楽案内 クラシック名曲50選」を読みました。
著者は高嶋ちさ子さん。

テレビでのキャラクターがそのままの文章で、めちゃくちゃ楽しく読めました!
私もお堅くクラシックを考えるのが嫌いなので…気に入ってしまいました。
真面目な先生方からは「もっと真面目にクラシック音楽を取り組みなさい」と怒られそうですが…。一般の方や勉強をし始めた学生さんにはオススメな本です。

ちなみに…
私は、練習している曲の中にCMの曲に似た部分を見つけてしまったりしやすいんです。
例えば…ツェルニーの50番練習曲の4番が「たまごくらぶひよこくらぶ」っと聞こえてしまったり。
それを言うと、ただ練習曲のはずが、ピアノをやらない人も面白がってピアノを聴いてくれるんです。
ついそんな事を思い出してしまう本でした。
もう1回読み直そうっ