13日の金曜日!レッスンを受けに行ってきました!

さすが、13日の金曜日…
行きの電車…都内で、あちこち色んな電車が止まっていて。
都内に行くには、やはり、時間に余裕を持たないとダメですね。


さて…レッスンは…
細かいことは、聴講の方がいらっしゃったので、書けませんが…
今回はテクニック面での注意が多め。

小さいころ習ったテクニック…が、
今はそうは弾かないという事!!!
言われてみれば、確かに変な手の使い方をしていたわけで…。

おそらく、日本ではほとんどの方がその手、手首の使い方をしています…。

ドラーフィ先生のレッスンを受けていると
日本のピアノの遅れをひしひしと感じます。
…っと共に、次の世代となる子供たちへの指導は
本当に気をつけねば!と。

今回は、リストの「忘れられたワルツ」とショパンのワルツを持っていきましたが…
譜の読み込みは、まぁまぁ正解だったようで。
CDのマネではバレてしまうレッスン!!
和声などいろいろなことを考えての読み込み…本当に勉強になります。


レッスンを終えて…
今日は日曜だけど、レッスンに来た生徒ちゃんが!!
生徒ちゃんの手首、
よーーーく見たところ…あれれれれれ?????

私よりうまく使っているじゃありませんか!!
レッスンを受けてきて、こう言われたんだけど~という話をし、
○○ちゃんの方が、うまくできてるじゃん!!と大笑い!!

変な癖が、うつっていなくてよかった~。
「今度から、○○ちゃんの手首よく観察して盗むワ~」と。


悪い癖っ!!直すの頑張らねば!!
スポンサーサイト
今日は、自分のレッスンを受けにっ!!

10月の初めごろの事…
ドラフィ先生のレッスンがあるかも…と連絡が。

っが…
夏休み~9月~と
生徒ちゃんのコンクール曲ばかり勉強していて
自分の宿題曲は…????

あるかも…にあわてて譜読み開始っ!!

よりによって、ベートーヴェンのソナタ2番っ!!
4楽章までありますっ!!

この数日、結構頑張って練習しましたっ!!
(こんなに頑張ったの、何年ぶりだ!?)
以前と違って、急激に頑張っても
手が痛くなったりしない~~。

っが、暗譜は、明らかに遅くなっていますっ。

っで、バタバタとむかえたレッスン!!
いつもレッスンを受けているスタジオではなく
始めていく場所で、ドキドキでしたが…。

今回も、また新たなことを教えていただきっ!!
手のポディションでも、新たな発見っ!!

聴講させていただいたレッスンでも、
なるほどーっと感じたことがあったので、
これからのレッスンに生かしていかねばっ!!
9日、10日とレッスンをお休みに。
自分のレッスンを受けに、都内へ!!

ドラーフィ先生…
来日したその日のレッスンで、眠くないのか心配でしたが…
元気、元気っ!!

今回はモーツァルトのソナタと
バルトークのアレグロバルバロ!

聴講の方もいらっしゃったので、詳しいことは毛来ませんが…
モーツァルトのフレーズの特徴なども教えていただけて
すごーーーーーーーーーく勉強になりました。

今回は、珍しく…!?
褒められた!!

筋肉がよくなっていると。

実は出されていた宿題…もう1曲ありまして…。
ベートーヴェンのソナタ…。
それを練習していたら、勝手に良くなってしまったんです。
ちょうど効き目がある曲を宿題にと言って下さる先生!!すごぃです。


あとは…生徒のレッスンにやる、指体操の遊びを一緒にやっているからかな??

日本の先生のレッスンだと、
指が弱いとき、動かないときは
ただリズム練習や、ハノンをするように!なんて一言に終わってしまうことが多いけれど
ドラーフィ先生はどこが、どう動かないか…
どう言ったら動くかが完ぺきに見抜ける魔法使いみたぃ!!


私も生徒たちのために、指が動かせる魔法が使えるように…
もっともっと精進しなくては!!
2016.01.14 指の動き
東京を行ったり来たり…
で、レッスンを受けてきました。

今回はショパン、ポロネーズfismollと、
バルトークのアレグロバルバロ!!

久々に…テクニックで捕まり…
指の動きを、また新しいものを!!
スタッカートの時の指の使い方!!

これができたら、また音色が増えるっ!!
早く習得せねばっ!!
2015.01.16 ポロネーズ!
ドラフィ先生ののレッスンを受けに行ってきました!!

今回はショパンのポロネーズ fismoll Op.44
初めてレッスンに持って行きました。

何年か前に、「ポロネーズをなにかやろうと思うんですが…どの曲が?」と
きいて…先生の答えが「fismollの」だったのですが
それから、ほかの曲を用意することが多く、途中までで譜読みが終わっていたのでした。

…というのも、ポロネーズは苦手!という気があって…。
アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズをレッスンに持っていったときは
アンダンテスピアナートで捕まり、ポロネーズに入ることなく終わってしまったので…。

今回は勇気を持って、ポロネーズに取り掛かりました!!

結果…

ポロネーズのリズム!!
中間部のマズルカの部分も
完全に間違っているわけではなく…
ほんのちょっとの集中の仕方で良くなり、
るんるん!!!

とはいえ、まだ勉強することはいっぱい!

この際、ほかのポロネーズもやってみようかな?なんて
昨日&一昨日は、ドラフィ先生のレッスンに行ってきました!

8月に先輩のお教室の発表会で
またカンパネラを弾くので、カンパネラと
珍しく…スカルラッティを。

カンパネラは…もう3回もみていただいているけれど
まだ新たな直しが。
聴講の方がけっこういたので、詳しくは、書きませんが…。

楽譜には書いていない指使いも教えてもらい…
今日、早速直そうと思ったけれど、いやーーなかなか直らない。
指というより、左右の手が逆!?で。

8月までに、「小さい鐘の音楽」を目指さなくては!!


今回は、それよりも
他の方のレッスンの時に、先生がポロっと弾いた小さな曲が!!
生徒のコンクールの課題曲!!
なんて、かわいぃ曲なんだろう!と。
すごく勉強になりました!!


今日はレッスンをお休みにしてあった割に
振替レッスンがちょろちょろと。
今日が初レッスンの子もいて…。

ドラフィ先生に少しでも近づけるよう、
元気いっぱいに、パワフルにレッスン頑張らねばと!!

レッスンを受けて、充電してきました!!
自分のレッスンに行ってきました!!

今回は、バッハのフランス組曲2番と、
リストのカンパネラ


バッハは…
生徒のコンクールの時に、
色々な演奏を聴いたり、講評を読む中で、
もう1度シッカリと勉強した方がいいな!!と焦りを感じて…。

自分では長調の5番、6番あたりが好きだけれど、
おそらくドラフィ先生ならcmollが勉強になると言うだろうと2番選び…

大正解っ!!
組曲のそれぞれの曲のテンポ感など、すごーーーーーーーーーく勉強になりました。



レッスン2度目のカンパネラは…
かなり弾きやすくなり、
3月に向けて仕上げていかねばっ!!!
昨日、一昨日はレッスンを受けに行ってきました。

今回はショパンのマズルカ3曲と、
リストのカンパネラ。

マズルカ!
やはり奥が深いです!!

恐怖のカンパネラは…
頑張りすぎて弾いていることが判明。

ペダルとフォルテの音質にも!!
また色々ちゃんと考えねば!!!

でも、1番心配だった、カンパネラのテクニックは…
使っているテクニックは間違ってないと言われ、ルンルン!!
でも、頑張りすぎて、機能的じゃない…的な。

フォルテに関して、すごーーーーーーーーーーーーーく重要すぎることを言われました。
日本のピアノ教育でのフォルテについてまで…。
(聴講の方もいらしたので、書きませんが…)

ずっしりと、考えさせられました。


カンパネラは、「次回もう1度!」だし
追加でポロネーズの課題が出たので、早速頑張らねば!!
昨日&一昨日はレッスンを受けに東京へ…

今回は
マズルカ Op.7-1と、33-4
ワルツ 6~8番

ワルツは以前ももっていった曲でしたが、
マズルカは初!

自分で選んでいったので、
「なんでこんな曲!?」のツッコミが入ったらどうしよぅ~と思っていたら
以外にも、
選曲だけは褒められ。
勉強にもなるし、いい組合せだそうナ…。
ほっ。

っで…
マズルカのリズム、音色
難しさをまた再確認してきました。


やっぱり、レッスンを受けるのは重要っ!!
コレは生徒のレッスンのときにも使えるぞっ!ということもあり、
収穫収穫っ!!!!

また明日から頑張るぞっ。
昨日&今日、ドラフィ先生のレッスンを受けてきました。

今回は、メフィストワルツとショパンのワルツcismoll7番

メフィストは…
実は、スペインラプソディーが間に合わないと思い、変更したもの…。
っで、メフィストで2時間では…と思い、
プラスでワルツを。

ちょっと安易な選曲ですが、
実にちょうどいい曲でした。

テンポ感、拍子感の勉強になりました!!
(詳しいことは…また聴講の方々がいらっしゃったので、書きませんが…)

メフィストは…
速く弾かなきゃ!と思うと、
ただ速いだけになり、歌が全くなしになってしまうし
歌も感じて~と思うと、ゆっくりになってしまう!
っという妙な悪循環にはまっていて…。
ちなみに、今回はゆっくりバージョンに…。
またちゃんと練習しなければ!!!

ワルツは…
拍子が!!異常に難しく!!!!!
ヨーロッパ人のワルツのリズム感は、独特ですが…
ショパンはこのリズムで書いたに違いないわけで…。
うぅーーーん!むずかしぃ!!!
でも、ワルツを持っていってよかったーーーと感じました。


また練習しないと!!


他の方のレッスンもいっぱい聴講して、
色々なことをゲット!!
日本のピアノ教育って、一時遅れていたんですよネ…と感じつつ
遅れた妙なものを教えてしまわぬよう、
常に気をつけ続けなくては!!と改めて感じました!
昨日、レッスン受けてきました!

シューマンのノヴェレッテfismoll
ドラフィ先生は「ファンタスティッシュな曲」と言いますが
私の音はまだまだ。

音質、テンポ、バランス…
また難しさを感じました。

特にテンポがむずかしぃ。
テンポの変化が多い曲ですが…
前回は「速すぎ」と言われ、
今回は「遅すぎ」と。
むずかしぃーーーーっっ!!!

舞曲のことも勉強しないとっ。


でも、今回は…
宿題に「スペインラプソディー」を!!
わーーーぃ!
やりたかった曲ですが、以前やりたいと言った時は「6番でいい」と微妙な却下。

譜読みしないと!!
っの前に、まずは楽譜をゲットしないと!

がんばるぞー
2011.06.05 濃いっ
2日&3日にレッスンを受けてきました。

今回はとっても深くて…
1日目にノヴェレッテ途中までしかいかないくらい…。

でも、同じ曲で2日目
「昨日注意したところまでは良くなってるけど…」
と。直しが即間に合ってよかった~。

もちろん「良くなってるけど…」の後は、後半の注意がいっぱいでしたが。

シューマンの詩的なことの話しやら
日本語とドイツ語の言葉の話しと、旋律の話しやら…
なんだか深い話しがいっぱい。

いっぱい練習していって良かった…。


ビックリな話しが…
来月、某音大2校で、演奏会、公開レッスンがあるそうで
また来日!!

演奏会、聴きたい!!!

来日…といえば
レッスンあるかも?????

ありになっても良いよう、せっかく直された曲を
自分の物にしていかなくては!!


大変だっ
昨日&今日は自分のレッスンを受けに行ってきました!

今回も、聴講の方がいらっしゃったので、
あまり詳しいことは書きませんが…

メンデも、シューマンも
テンポ感や、音の質、手首がだいぶ変わりました!
特に手首は、小さい頃、学生の頃とは違う使い方なので
気をつけて直していかなくては!と思いますっ!!

メンデは来月先輩のお教室の発表会で弾かせていただくので
これから即直しをしなくては!

シューマンは…ノベレッテのfismoll
他の方のレッスンを聴講している間に、拍子感が変わってしまったのか
思いがけないほど速いテンポで弾き、ハチャメチャな箇所が多くありましたが
その速いテンポが正解だったようで…
でも、ゆっくりになる箇所などもあり、これからテンポもいっぱい覚えなくては!!

先生に、自分の演奏をユーチューブにアップしたから見ろ!と言われたので、
帰宅してから早速探してみました!

こちら

なんだか、手首が…注意されたことが、確認出来ちゃいましたっ。
明日から、またシッカリ練習しなくては!!
2010.09.22 聴講!
今日は自分のレッスンではなく、
聴講に行ってきました!

ウィーンのトイフルマイヤー先生!!
久しぶりのドイツ語!

私が学生の頃は、大学のウィーンの研修に
レッスンをしにいらしていた先生…。
私が行った回は、別の先生方だったので、今回初めて!

細かい歌い方!
しっかり、考えなくちゃダメねーーー
っと、ずっっしり頭に叩き込んできました。

明日から、ちゃんと歌って弾けるように
楽譜もよく見よう!!


凄い、収穫!!


夕方からレッスンの子もいて、途中で帰ってきましたが…

東京よりはちょっと近い埼玉で、
ウィーンの音楽に触れることが出来てよかったです。

行った甲斐あり!!

17日&18日にレッスン受けてきました!

2時間連続にしてしまうと、途中で頭が壊れてきてしまい
ドイツ語がチンプンカンプンになってしまうので、わけていただきました。

17日は…
メンデルスゾーンのロンドカプリチオーソと、モシュコの6番

メンデ、ロン・カプは、子供のコンクールの課題曲にもなる曲ですが
軽さがうまくだしずらい曲…。
先生も「この曲を11才の時にコンクールで弾いて優勝した!」とのことで
少なすぎたペダル、左手の重さなどいっぱい細かく教えていただきました。

モシュコは…
ロン・カプの残り時間でチョットやったくらいですが
2の指に変な癖発見!(メンデでも見つかっていましたが)
たぶん、背骨のバランスを崩して親指が痺れていた時に
弾き方を変えていたのが残ったようで…。
なぜ2の指が変になるのか、原因もわかり…あとはシッカリ自分のものにするだけ。


18日は…
シューベルトのOp.90-2
こちらも、子供が弾いたりする曲。
一歩間違えば「練習曲」のようになってしまう曲が、
しっかりシューベルトの世界に!!
簡単な曲ほど難しいです。

今回は先生のレッスンの進め方が速いし、全ての曲が同じ注意が多いので
もう1曲相談したかった曲を…

ギロックのソナチネ
先生はギロックは聞いたことがないとのことですが、みてくださいました。
楽譜を見て考えたことと、CDがあまりに違ったのですが…
意見は先生と合いホっとしました。


どの曲も注意が深く、
いっぱい見ていただいたので、なんだか重量感たっぷりな感じ。


今回はドイツ語で固まることがなくて「ホッ」としました。
毎朝ラジオ講座を聞いた甲斐があったみたぃで。
今年のドイツ語講座は、なぜか超難しく、聞き流すのに近いのですが。


さぁて、来月は勉強会!
ロン・カプを弾くつもりですが…これから直し、頑張らねば
14日、レッスン受けてきました…。
今回はモシュコフスキーの6番&11番と、幻想即興曲。

モシュコは試験でよく弾かれるエチュードで…
完璧にツェルニー状態になっていました…。
幻想即興曲も…問題点は同じ。
気をつけないと、つまらないエチュードになってしまうことに。

拍子感
うたいかた等…気をつけることがいっぱぃ。
練習の仕方も注意しなくては!!
幻想はせっかくなので、もっとみっちり勉強しようと思っています。
昨日は久しぶりに自分のレッスンを受けに行ってきました。
「ぬく」ところを、ついつい忘れていたので、再確認っ。

学生の頃は、「ぬく」といわれても、ぬけずにいたので
先生には凄い手間をかけてしまいました。

ぁとは…
長く練習してきていて、強弱記号を勘違いして覚えたり
音をミスっていたり…も気付けました。

最大の問題は、ミスタッチ!!
直し方は解ったので、今日から練習!

って
親指がまたパックリ!
いたぃ…

まだ、少ししか直し練習できていませんっ。困った困った
2009.06.06 マシーン!?
4,5日とレッスン受けてきました。

聴講の方もいらしていたので、詳しくはかけませんが…
今回は手&指の筋肉をうまく使うこと、うまく鍛えること等が聞けてよかったです。


自分のレッスンは
シューベルトは…やはり譜読み1ヶ月だったので、譜読みミスもあったし
でも、
1番注意されそうな苦手なパターンが多い中間部分は「いい」と言われ
そのかわり、
捕まるわけないと、簡単に考えていた最初の部分で、つかまり
考えて弾いている箇所と、考えていない箇所の差を感じました。

メフィストは
前回よりも速いテンポにもっていかれ…まさにマシーン!!!
だいたいはついていけたけれど、2箇所ばかり、不可能だったので指を鍛えねば!
フレーズやペダル等、考え方が間違っていた部分もあり
直してもらってラッキーでした!


ふぅー
レッスンがなかったら、どれだけ怠けてしまうんだろう…。
今回は子供のレッスンで、指の弱すぎる子にやっていた指体操が合っていたと再確認!
おまけに別パターンも知ることができました。
レッスン行ってよかった~
昨日&おとといレッスンを受けてきました。

メフィスト…今まで受けてきた注意とはまったく別の注意をいただきました!
おかげで、パワフルなこと…。
まさに目からうろこ。
速く弾けるし、音量もでるし、そのうえ音質は汚くならなかったし。

ってゆうか、速くその注意がもらえるように、今までの注意を速く消化しておくべきでした…。
今度のテクニック、がんばってモノにしたいぞっ。

って…
指先は悲鳴をあげてますから~っ。
あっちこっちパックリ。
いたぃよぉ


珍しく、次回6月の日程も決まりました。
いつも受講者集めが大変ですが…。
平日はムリ、
準備期間が短い、などの理由で…
今回は金土!5ヶ月先。どうかな?
昨日はレッスンを受けに行ってきました。

シューマンなのに、リストっぽい音になっていたのが
少し直ったような…。
キッチリ直せるように、ゆっくり練しないと。

長く練習した分、勘違いも出てきているので
楽譜も見直ししないといけないし。

11月の本番までに、いろいろ直さなくては!!!
2008.06.07 ふぅー
5&6日レッスン受けてきました。

モーちゃん2台は…指が動かないっ!!
手が小さいから…広げたままのポディションで弾くのが苦手で。
これから鍛えねば。

1人のほうは…
ウィーンの謝肉祭にはまり、10-4は時間がなく…。

これから直し、頑張らねば!!
じゃーん
080120

右が私の手
左が先生の手

でかすぎデスってば。

ポディション移動しないと弾けない所が、
先生は移動なしで超ラクラク弾いてた~

ずるぃーーーー
レッスン…とりあえず終わりました。
完璧に疲れました。

聴講の方もいらしたので…、詳しくはかきませんが
モーちゃんは…
合わせる上での勘違いが!あと私のスタッカート下手がバレました。

ダンテは…
大ポロばかりやっていたので、アラだらけ。
これから3月までみっちり練習です。

大ポロは…
アンダンテスピアナートだけで時間が終わっちゃいましたが…
考え方は合っていたかな?と少し安心。
もーーーーーっとキレイな音にするぞぉーー。


問題は…宿題がおおぃどうしよぅ
昨日はダンテのレッスンでした。

親指は…腫れまくっていて、心配でしたが
リストのフォルテを出したら、痛みに麻痺しちゃうのか、何とか弾けました。

前回は譜読みミスだらけでしたが、今回はしっかり音色の事などを教えていただきました。
部分ごとに、指の使い方、肘や腕の使い方などを注意していただいたので、一気に弾きわけるのがしやすくなりました。

で…次回も、またダンテ
次回までは期間がいっぱいあるので、しっかり勉強せねば~。


まぁまぁ良いレッスンになったダンテとは逆に
モーツァルトの2台ソナタの合わせは、うまくいきませんでした。
私の練習不足。
伴奏は得意だけれど、2台ピアノはやったことがなかったので、音にも慣れていなかったし…。
こちらは反省…
2006.08.24 汗だくだー
今日は久々のレッスンに行きました。
高1の時から習っている先生なのですが…レッスンに伺うのは、たぶん4年ぶり。
ドラフィレッスンに行くようになってから、しばらく行っていませんでした。

やはり「ダンテ」は、まだまだ。1回通すと汗だくです!!
「体全体の使い方がわるい」と。たしか、ダンテの前の曲の時に、同じ事を言われていました。
手だけは、「筋肉ついてきたわね~」と驚かれました。
コレだけは、自信がある!!
ストレッチなどをやるようにとか…いろいろ注意され続けて頑張りましたから~っ。嬉しい!
いや、かなり嬉しいです。

手も強くなりましたが、もう1つ強くなったのは…。
口答え。
日本の先生には、余りいい顔をされない事が多いかもしれませんが…欧米の先生にはハッキリ言わないといけないときが多いようで。「言ってる事はわかるけど、今はゆっくりしか出来ない」など…。
「強くなった」とのこと。
良い事なのか?


それにしても…
夏に「ダンテ」はキツすぎます。汗が目に入って痛いですっ!!

2006.06.10
昨日、レッスン受けてきました。

一昨日8日は、ミニリサイタル&公開レッスンを聴きに行きました。
以前レッスンでみて頂いたリストの「葬送」も弾いていました。もの凄いパワーで!なのに、音が汚くなくてカッコイイーー!
後半はリストのhmollソナタの公開レッスン。大学1年生が楽々に弾いていて驚きました。
いつものレッスンを見ていると、物足りない感じがしましたが…時間が短すぎたためだったようです。
少し考えさせられる点に気付きましたが…いい勉強になりました。


っで、自分のレッスンは…
初のダンテ!音ミス多発でした。
fの所をリストだからと思いffにしてしまったり…と解釈勘違いもしてしまいましたが、「ここのfはこうゆう理由で、コレくらいの音量と音色がいい」とか教えてくださいました!
手首のテクニックは、注意されなくなりました!少しだけ成長?
でも、音ミスはやばいです。しっかり直しをしなくては!

20日のレッスン後、日記を記入したけれど…書き込めていなかったので、遅くなりましたが今日書きます。

リストはあまりいい出来ではありませんでした。
っが、オクターブを弾く時の手首の使い方や、手を移動させるときの悪いくせに気がついたので良かったです。

幻想即興曲は…心配していた親指の使い方は、自分で気をつけていたためか良くなっていたようです。バランスやいい音にする方法を習えて、ほんの少し先に進めた気分。
これからベートーヴェンの月光ソナタを勉強しようと思うので、少し…いえ、いっぱい役に立ちそうです。

今日はさっそく月光の3楽章の手の移動の仕方、指の使い方を再確認。
集中してやらないといけないので、短時間で頭が疲れきってしまいます。はやく「クセ」になるように、頭と筋肉にやり方をしみこませたいです~!
今日はバティック教授の2度目のレッスン。

実は直しが自信もって出来ていたのは1楽章と2楽章だけ。
3楽章は問題点が残ったまま。

なのに3楽章からレッスンを。もちろん…コテンパ~!
でも、レッスンのおかげでウィーンの演奏家のモーツァルトの微妙なペダルがわかったので大収穫!っと思っています。

それにしてもすごい先生です!
受講生が持ってくる曲を全部練習していたとか…。
来週自分の本番もあるのに!さすが、プロフェッサー!

今回、はじめて通訳さんとちょっとはなれて受けて見ました。
まだ知らない単語が多くて、そのたびに「通訳さ~ん??」でした。

初日の時はゆっくり喋っていたのに、今日は早くて大変でした。
本番が近くなってピリピリしていたのかもしれません。
モーツァルトもドイツ語も、もっと勉強しなくちゃ!



2003.09.11 細かいっ
今日、バティック先生のレッスンを受けてきました。
とにかく…細かくレッスンしてくださる先生でした!
次のレッスンまでいろいろ直さなくては!