2017.09.21 初めて11か月
レッスンを初めて11か月の小学3年生!

理解力があり、
おまけに頑張り屋さん。

頑張りすぎてしまったり、
マルにならなと悔しくてたまらなかったり…なんところがあったので
今年、コンクールに挑戦してみました。

同じ曲を練習し続けることで、
弾き方も、考えかたも、深く学ぶことができました。

とはいえ…
他の参加者さんたちは、もっともっと長くピアノを習ってきている子が多く
予選では、通過はしましたが、まだまだできていない部分も。

さらに難しい曲になった本選っ!!
彼女のガムシャラさが…つい慌てて、ただ音を弾くだけになってしまうのを
よく考えて弾くようにっ…。

テンポを気を付けると、強弱がなくなるっっ!!
強弱を考えると、遅くなるっっ!!
うううーーーーー時間がたりないっ!!
あと少し期間があったら…という思いでしたが
彼女がやれるだけのことはやりとげ…

挑んだ本選っ!!
おや??????????
注意してきたことができているっ!!
もしや通過できる??

何年も参加し続けている子がいるなか、
銅賞で通過となりました。

今日は、本選後の初レッスン。
最終大会に向け、また新たにレッスン再開!!
最終大会でも、盾かトロフィーのお土産が欲しいそうで。
少し丁寧に練習し直しです。

ガムシャラ娘っ!!
今はピアノ以上に運動会の練習もファイトしているようで…
あちこち絆創膏!!
大けがしないように、がんばってくださぃーー
スポンサーサイト
一昨日、コンクール本選を終えた6年生の子がレッスンに!

2年生の時から、毎年コンクールに参加しています。
県のコンクールでは、入賞して
新聞に名前が載ったーっと大喜びで来たこともあったけれど
なぜか、全国区のコンクールの方では、最終大会へ進めず。

6年生になり、「東京にいきたい!」と…
すごーーーーーーーーーく頑張ってきました。

控えめな子で、自分からフォルテをだしてこないタイプでしたが
かなり頑張って練習してきました。

フォルテを出す手の使い方を、
骨格の図や、筋肉の図を見て一緒に考えたりもしました。

そのかいあって、本番では、とってもいい響き!!
初の最終大会へいけることになりました!!

発表の掲示板の前で、思わず固まっていました。
大騒ぎで大喜びすることもなく、静かに喜びをかみしめるタイプ?なようで。

帰ってから、「いただいた楯、飾ってあげてくださいねー」と
お母さまにメールすると…
ピアノの上の写メが届きました!!

賞状やメダルがいっぱい!!!!
こんなにいっぱい頑張ってきたんだーーーーっと改めて感じました。


また最終大会に向けて練り直していかねばならないところですが…
彼女が通う小学校は10月に音楽会!
合唱の伴奏は、コンクール優先…と他の子へ譲っていたようですが
合奏のピアノがっ!!
今日は楽譜を持ち込み…
ぎょ!!けっこう難しいっっ!!!!!
でも…
頑張り屋さんだから、大丈夫っ!!

難しいリズムの箇所などチェックして…。


また、元気にファイトしていきましょうーーーー
小学1年生の生徒チャン…
今日は、リレーコンサート後の初レッスンとなりました。

とーーってもシッカリ者の1年生!
今日は、今までレッスンしていた『ぴあのどりーむ』の2巻がおわり3巻へ!

2巻の最後となった曲…
間違えないように~!と気をつけて、がんばって弾きました。


リレーコンサートでは
弾くこと以外にも…
おじぎ、座り方、次の人とのバトンのやり方、演奏後の移動のしかた…
とてもたくさんのことを、よく覚えていました。

本番では、次の子がなかなか来なくて、困ったようで…
1人で先におじぎをして、お客さんにカワイィーと拍手をもらったりもしましたが…。


今日は、運動会のダンスも見せてくれました。
覚えることが得意なのでしょう。

『どりーむ』の3巻でも、覚えることがいっぱいだけど
頑張れるに違いないでしょう!!
楽しみです!!
2017.09.10 本番終了
昨日、今日と、
リレーコンサートに生徒ちゃん達が参加してきました。

今年で8年目の参加…。
今までで、一番不安をかかえての参加で…。

本番、泣かずに弾けるのか??という…。
なんとか無事本番に出ることはできました。

無傷ではなかった子もいましたが…
リレーコンサートの開催が発表になってからの準備でしたから
短期間での準備っ!!
子供たちにとっては大変だったでしょうが…。
大きい本番を乗り越えて、成長したハズ。

お疲れさまでした。


毎年、時間をかなり超過して終わるリレーコンサートですが、
今年は少しスムーズでした。
っとはいえ、やはり10分を越えてくる方もチラホラ…。

マナーがなぁ…ことも。
今年も、客席で赤ちゃんが泣いたり、携帯が鳴ったり…。

他にもいろいろ…考えさせられることも…。
勉強になりました。
2017.09.04 練習会から~
丸子セレスホールのリレーコンサートが週末に迫ってきました!!

昨日は、リレーコンサートに参加する子が集まり
予行練習会をしました。

コンクール直後で、本番ギリギリに間に合わせる子など…は
さすがに練習会には参加できず…
5名での練習会となりました。

1番ちいさい子は、6歳の小学1年生!
レッスンでも「自分でできる!」と、我の強い子!
先週は、暗譜がごちゃごちゃになり…
似ている個所で、1回目はこうで…2回目はこう…
が混乱してしまい、心配な状況になっていましたが、
練習会では立派に弾けました!
相当頑張って練習したハズ。

他の子たちにも、おチビちゃんの頑張りは伝わったようで。
なかには、自分の演奏前に泣いてしまった子も。
本番……かなり心配です。


今日は練習会に参加した最年長の6年生がレッスンに!
おチビちゃんの弾きっぷりにはびっくりしたようで
「〇〇ちゃん、マジすっげーー!強弱マジすっげーかった!」と。

6年生の彼女も、かなりの落ち着いた弾きっぷりでした!
今日は、ちょっと弾きにくそうだった所を練習して…
自信を付けたようす。
なんと、本番前日には「職業体験」があるそうで。
疲れが心配ですが…。

帰り際…
職業体験にいくお店に買い物にいちゃおうかなーっと言うと
「やめてー!!恥かしいーー」と。

彼女にとって、忙しい週になりそうですが、がんばって!!
生徒の中には、
不器用なタイプの子もいます。

音符を指さすのも…上手に指せない子も。
指を動かそうと思っても、思った通りに動かせない子も。

始めて間もない園児ちゃん…。
視力が悪いのかな?と心配になるほど
音符を指さすことや、手を動かすことができませんでした。

お母さまに相談してみると…
どうやら、不器用さがあるようで…

ゆっくり、ゆっくり、わかるように説明をして…
童謡を歌いながら
リズムを打てるようになり始めました。

その子にとっては大きな、大きな進歩!!
歌いながらリズムを打つ…
振付で踊りながら、歌う…
ピッタリ合うように…
はじめの頃は、とーーーーーーっても苦戦していましたが、
このところ、急激にできるようになり始めました。

まだ小さい園児ちゃんですが
自分でも、できるようになったのがわかるようで
今までで1番よくできた!と楽しげ。

鍵盤も弾き始めました!
指の動きは、不器用さんには本当に難しいけれど…
最初を適当にしてしまえば、あとで直すのは本当に大変!!
少しずつ、少しずつ…。
良い動きができたときは、自分でわかるのです!!

大きい一歩です!!
おめでとう!!!
2017.08.17 レッスン再開
お盆休みもあっという間に終わってしまい…
少し早いですが、昨日からレッスン再開しました。

コンクール本選をひかえている子達が
さっそく現れました。

真っ黒に日焼けしてっ!!
お盆休みで、すっかり注意など忘れて遊んだだろうと思っていましたが
激ヤバ状態ではなくすみ、ほっとしたのと同時に
頑張ってるね~と感心しました。


コンクールを終えて、初のレッスンとなる子も来て…
お手紙をくれました。
私のすきなペンギンの柄のハガキを見つけたのだと
嬉しそうに持ってきてくれました。

うれしいお手紙!宝物にします!!


これから本選をひかえている子と、
県コンを終えた子…学年も同じで、妙に気が合うようで。
初めて会ってからそんなにたってもいないのに、仲良し!

普段は曜日も違い会えないのですが、
珍しく出会えて…
「本選がんばってねーー」「うん、がんばるー!」
と、大声でお迎えの車を見送っていました。


お盆休み明け…
またがんばりますぞーっ
2017.08.10 お辞儀の練習
子供たちは夏休みですが…
レッスンは怠けていられません!

9月9日10日には丸子セレスホールの「リレーコンサート」があるのですから!!
数年前から、ちょろちょろと生徒が参加してきましたが…
今年も数名が参加。

なかにはコンクールに参加して
大舞台に慣れている子もいますが、
初めての大舞台という子もいます。

演奏の練習ももちろんですが、
お辞儀、椅子に座る…などなど
他にもしっかり覚えていないといけないこともたくさん。

この演奏会…
色々なお教室から参加する子がいるので…
駆け出してステージへ行ってしまう子…
ステージの降り方がわからず、立ち往生…
なんて子達もいるのです。
つられてしまわないよう、シッカリ覚えていかねば!!

今日は、今年のリレーコンサートに参加する生徒たちの中で
最年少6歳の1年生がレッスンに。
お辞儀の練習も開始しています。
曲の練習は…ホールの募集が載ってから
選曲、練習開始となったので
まだほんの数回しかレッスンしていませんが、かなり弾けるようになり
スラーなど気を付け始めました。

本番が楽しみです!!


リレーコンサート参加の生徒ちゃん達…
コンクールにも参加し、リレーコンサートも参加という子がチョロットいるのですが
なんと…コンクール終了後、別の曲に!!
さて、間に合うのか…。
いや!!間に合わせるしかないでしょう!!


生徒の本番演奏曲、プログラムは
ホールのホームページで、プログラムが発表になり次第
コチラのブログでも載せますので。
もうしばらくお待ちください
2017.07.11 練習会の効果
日曜日に、練習会に参加した子達…

練習会を終えて、やばい!と練習を頑張ってきた子も。
練習会の効果が出始めています。

なかには、「〇〇ちゃん、うまくなってたー」と他の子の成長を感じた子も。
子供だけでなく、ママも!
「〇〇ちゃん、前は音が硬い感じだったけど、かわってましたねー」と。

他の子の演奏を聴いて、感じることができるなんて
すごすぎる!!


生徒がコンクールに出始めたばかりの頃は
コンクール参加の子が1人しかいないという年があり
練習会も行えませんでした。
楽器店の小さいホールを借りて予行を行ってはいましたが
聴く人が、私と、おうちの方だけ。
あとはレッスンの前後の子に聞いてもらうぐらいで…。
本番、会場で小さくなってしまっていました。

何とも、かわいそうなことをしました…。

今も、コンクール参加の子は多くはないのですが…
それでも1年に1度、本番前に集まっての練習会。
別々のコンクールに、別々の学年で参加したり…ですが、
同じコンクールという目標にむけて頑張る子達。
心強いのでしょう。

練習会に参加したこのママから
「コンクール仲間やママの存在は嬉しいですね!」と。

仲間の存在…
これから本番に向けて、心強そうです
今日は、コンクール参加の子達が集まって「練習会」を行いました。

本番のように、お辞儀をして…
みんなの前で曲を披露!

自分の演奏する番ではないときは…
他の子の演奏を聴いて「感想メモ」を書きます。


なぜか、毎年…
この練習会が1番緊張するらしくて。
コンクールの本番よりも、練習会が緊張するのだそうで。
全員、なにかしらやらかして終わりました。

これからの注意点も見えました。
まだ小学生の子供たち。
自分の直すべき部分を見つけ、感じて
直していこう!と思う…それだけでも素晴らしいこと。

おまけに、他の子の演奏の時に書く「感想メモ」でも
ビックリすることを書いてくれる子も。
子供らしい言葉を使って、注意点をかいてあったり。

まぁ、さすがにちびっ子たちは
「ペダルがよくうんでた」…うっ!産むのか!?ふむんでしょうーーっ!!
「弱強がよかった」…漢字が、逆ですってば―!!
なんて笑いも誘っていましたが。

今年初めてコンクール参加の子も、
立派にコメントを書いていてビックリ!!


みんなの感想メモに、私からも一言付け加えたりして、
それぞれの練習ノートへ貼り、次回レッスンの時に渡せるように用意をして
これからラストスパートです!!
あっという間に7月!

上田の小学校は、夏休みがとても短いので…
少し早めに「夏休みのお楽しみ曲」のお稽古を始めました。

生徒チャンそれぞれに、好きな曲、やりたい曲をきいて…
楽譜を用意しました。


今日は、ちょっとかっこいいアニメ曲を選んだ子がレッスンに!
アニヲタなのだそうで…。
生徒チャン本人が1番好きなアニメの曲は…あまりに音が多くて
もう1曲弾きたいと言っていたアニメの方に…。
お兄ちゃんが好きなアニメなのだそうで。

まだ片手ですが、頑張ってお稽古していきました。
今まで、手の位置が変わるのは大の苦手だったのですが…
凄く頑張っています!!

今まで、勇気をもって移動できなかっただけ?のようで。
元気いっぱい弾いています。
好きな曲の効果はすごいです!!

リズムも自分で読めるように、倍の長さで楽譜を書き直したので
自分で読んで弾いています!!
すごぃ!!


夏休み曲の効果!かなれています!!
2017.07.05 テスト!!
先週あたりから…
生徒ちゃん達に、またまた抜き打ちテストをしました!

まだ数名やっていない子もいますが。

生徒チャンそれぞれに合わせて、ペーパーテストを用意しておきました。
音符のドレミをこたえるテスト
記号、楽語の名前をこたえるテスト
ドレミの順番を書くテスト
小さい子達には、文字を書かないで済むように点結びのテストを作っています。

何年も来ている子達は…机の上にタイマーが出ているのをみつけて
「ぎょ!テスト?」と。
さすがです!!


なかには、急成長中で、
今までは不安げにやっとこさ解いていたのが、
楽勝にスラスラかいて100点になった子も。

お迎えに来たお母さまもビックリ!

嬉しい成長が感じられてよかったです!!
コンクール前でバタバタしているけれど、
みんなにきっちりテストを作ったかいがありました!!、
忙しいときほど、色々やらねば!!


また忘れたころにテストしよーーっと!!

2017.06.28 優しすぎーっ
今日、レッスンに来た子…
「かおり先生、どーしたの?それ??」
っと…。

もう1人は
「おやっ…またやりましたか?」と。


昨日、手首をひねったらしく、夜から妙な痛みで。
湿布を貼って寝ましたが
今日もまだ痛い…。

湿布を貼って…リストバンドで隠していたのですが
すぐに気が付いた生徒チャンが2人!
気遣いのできる、優しすぎる生徒ちゃん達です!

幸い、だいぶ良くなってきたようで…


小さなことに気が付く生徒ちゃん。
素晴らしい気づき!です。

レッスンでも、細かい違い求めても
直して対応できるのです!!

生徒ちゃん達の、気付きと、気遣い…
とてもうれしく感じました。


早く、治さなくては!!
今日も「夏休みのお楽しみ曲」の楽譜に入った子が!
昨年は、まだ始めて間もなく、「お楽しみ曲」はできなかったので
今回初めての「お楽しみ曲」デビュー!!

とーーーっても嬉しそうでした。
おまけに、本人でも読めるようなリズム、音符を使ったので
自分で読めて、さらに嬉しそう!!

今まで、リズムも音符も、鍵盤位置も、指の動きも…
どれをとっても微妙だったのです。

まずは、できていないことに気づかせることから始まりました。
しっかりとできていないことに気づき…
慌てずしっかり覚えていく!
楽しく覚えていく!
間違えを恐れず、堂々と!

1つ1つ、少しずつ良くなりはじめました。
なにか、わかってきたようです!!
本人も感じている様子。
レッスン中も、心から楽しんで
笑いながら弾けるようになってきました。

おそらく、次のクリスマス会やプレッシャーコンサートでは
他の子が驚く成長っぷりなはず!!

慌てず、しっかり…。
「夏休みのお楽しみ曲」も彼女らしい選曲!
ちょっとシブい!
楽しく、シッカリ成長できる曲になるはず!!
慌てず、ふぁいと!
小さな生徒ちゃん達は
ピアノを弾く時に、足台が必要になります。

足台がないと、後ろ体重になってしまい、
指へ力がのらないことも。

ですが、高すぎる足台でもいけません。


先週…弾く姿を見ていて、違和感を感じたことが。
ん??もしや???
足台を1段低くしてみると、しっくり!!
背が伸びていたのです。

今日も1人、もしや?と1段低くするとちょうどよくなった子が!!
学年にしては、身長は小さいのですが、足の長い子で。
身長の見た目よりも、足台は低めです!

そう!!
身長何センチなら、何センチの足台!と言えないのが難しいところ。
困ったことに、本番のピアノの高さによっても異なってしまいます。

違和感のないように、座った時の感覚を教えること…
とっても難しいですっ!!


今日は足台も低くなり、ちょっと大人っぽく感じたのか
嬉しそうな生徒ちゃん!!

演奏も、大人っぽくデクレッシェンドができたような気も。
…っとほめたものだから、うれしくって何度弾いても素敵なデクレッシェンド!!


体も、感性も成長中です!!

ブログを更新していないうちに
6月が最終の週にー!!

6月は超バタバタ!!
自分のレッスンもあり…東京の往復!


ドラフィ先生のレッスンを受けてきました。
手首の使い方を直さねばっと前回のレッスンから頑張り…
手首はなおってきたかなーと。

生徒の本番が近い時期は、楽譜の読み込みも
和声を考える機会も多く…
和声を考えすぎて、小さく弾いていたので直しっ。


生徒のコンクールも近づいてくるこの時期…。
夏休みも近づき…
「夏休みのお楽しみ曲」の準備も開始しなくては!!で…。

生徒たちの希望の曲の楽譜を用意。
売られている楽譜では、手が小さすぎて弾けなかったり
知らない音符が多すぎたり…で。
ほとんどアレンジをして書いています。

久々にペンダコが!!
持ち方が悪いだけかな?


今日はさっそく、楽譜を渡した子が!
やったーーーー!!と大喜び!!
すぐ弾きたいと、鼻息も荒く!!
即レッスン開始!自分でリズム読み、音符を読んで…。
楽しそうに頑張っていました。


忙しいけれど、手を抜かなくてよかったワーー!!


2017.06.09 おりがみ
園児ちゃんのレッスン!
まだ始めたばかりなので…音楽に慣れることが1番っ!!

今日は拍子を感じるように
チューリップの歌を歌いながら、4拍のリズムうち!
リズムが打てたら…

チューリップを折り紙で折って…ノートに貼って…
4拍の拍子感を感じられるように…
4つのチューリップの花を指さして拍取り!

自分で選んだ4色のチューリップを上手に指して、歌っていました。
チューリップづくりも楽しかった様子!

まだ歌いながら鍵盤を押すと、
歌に夢中になりすぎて、鍵盤を押し忘れてしまうこともありますが…
「わすれちゃったーーーーーきゃははは」と、とにかく楽しそうっ!!
歌と手…2つのことを一緒にする訓練~なんて、難しく考えることなく
楽しく楽しくーーーーっ!!


先週は、高い音と、低い音を感じるのに…
キリンさんと、カメさんの絵をかいて…色塗り。
一緒に書いた絵を見ながら、
高い音と、低い音を弾いていきました。


3,4歳児でも、最初からドレミを教えてくれるお教室も多いですが…
せっかく園児のうちにお稽古を始められるのだから
拍子感、リズム感、音色…の感じを
わかることができるようにお稽古していかなくては…

コンクール準備中の生徒ちゃん達…
楽譜を自分で読んでくることは難しい子ばかりなので、
譜読みはレッスンの時に一緒にする子がほとんど。

…とはいえ、リズム読みも、ドレ読みもできるので
ミスがないか確認して、へんてこな指使いをしていないか確認する程度なのですが…

一緒に譜読みをしたところまで、曲想もつけて…
忘れないように練習をしてくるのが宿題となるわけで
譜読みの進みは遅いのです。

今日は、やっと譜読みを終えた子がっ!!
飛び上がって大喜び!

ずっとコンクールに参加してきた子ですが、
今年は学年が上がり、曲が少し難しくなったため
一時は参加ムリかな?という状況もあった中
「やる!!」と頑張ってきた子。
時には、うまくいかずに涙目で頑張ってきました。

よほどうれしかったのでしょう。

もう何度も出ているから、本人も分かっていること…
これから仕上げていくのがもっと大変!っと。

とはいえ、
曲想も、バランスも自分から考えたり、質問してきたりする探求家さんっ!

仕上げも頑張れるはず!!
譜読みが終わった喜びを忘れずに、がんばっていくぞーーっ
2017.05.25 フレーズ
今年も夏のコンクールにむけて数人が準備中です。

初チャレンジの子も!!

まだレッスンを初めて1年たっていないのですが…
脱力が異常に(!?)上手く、音もしっかり!
コンクールへの参加でさらに伸びるのでは?と声をかけたのですが…
案の定、猛スピードで成長しています。
レッスンしたことは次のレッスンまでには自分のモノにしてくるタイプ!!

とはいえ、フレーズを考えて弾くのはまだ難しいようで。
メロディーの関係のない…手の都合で、アクセントが付いたりしていました…。

っで、フレーズをやりやすくするお稽古。
歌詞を付けて、歌いながらの練習~。
曲名に合わせて、歌詞を一緒に考えて…
一気にフレーズがきれいになりました!!!!

しかも、私一人では思い浮かばなかった歌詞を
「5文字なら…ホウセンカはどう?」など…案を出してくれました。


他の子達も、フレーズの練習に入っている子達は
歌詞を考えたりしています。
曲名からイメージができない曲の場合は、自分たちでお話を作ったり。
「和風しょうゆキノコパスタは?」ときくと…
「キノコ嫌い!おろしにして!!」なんて事も。
どんな曲の歌詞なんだか…。


昨年は県コンの…ギロックの「吟遊詩人のうた」では、焼き芋屋が登場。
「うれませんーー、さっぱり芋うーれなぃ…」と。


歌詞の通りにひくには手をどんなふうに使うのか…
歌詞がないときとは全く違う弾き方をします。


難しいお稽古こそ、楽しくっ!!
小学校の音楽会が近づいています。
なかには、秋に音楽会と言う学校もあるのですが…。

今日は1年生がレッスンに!
音楽会でやるという曲も弾いて見せてくれました。

ピアノではかなりいい指で弾けるようになってきていたのに、
なぜかべたーーーっと指を伸ばして弾いているではありませんか?

せっかくピアノではできるようになってきたんだから
このお指で弾いてみたら?もっと弾きやすいんじゃない?

「うっそだーー」といいつつやってみる生徒ちゃん。
一気に弾きやすくなったらしく…
速くても弾けるんじゃない?と速いテンポに誘うと…
即チャレンジ!!
「もっと速いの」と楽しそうに頑張っていました。

テキストの曲でも、いいお指で!!
音楽会のピアニカとは違い両手ですが、しっかり弾いて…
「これも速いのやるー」と。


音楽会の曲、うまく弾けるようになったから、
お友達でできない子がいたら、教えてあげないとねーと言うと…
「うん!!ケンハモおしえてあげるー!」

ケンハモ???

ピアニカは商品名のため、鍵盤ハーモニカと言うのですが、
省略されて「ケンハモ」とよんでいるそう。
現代っ子だわーーっ

私も1つ教えてもらいましたー。
2017.05.22 久々の再会っ
今日は6年生の子が2人連続でレッスン!!
1人の子はもともとは別の曜日なのですが、振替で…。

この2人…
年長さんの同じ時期にレッスンを開始し、
同じ曜日の前後どうしだったのです。

3、4年生ごろまで同じ曜日で来ましたが、
送り迎えの都合で、1人が曜日のお引越し。
時々しか会えなくなってしまいました。

2年生からコンクールに参加したり…
仲良しさんで、ライバルどうし。


今日はたまたま前後レッスンになり、大喜び!
テンション上がりっぱなしでした。
先に帰る子は「んじゃ、がんばれよぉ~~」と
大きな声で声をかけて帰りました。

久々の再会のピアノ友!!
いいピアノ友ができてほんとに良かったです!
小さい生徒ちゃんには、レッスンの合間に
古くからの「手遊び歌」でジャンケンなどしたりしています。

右手から弾くか、左手から弾くか~を「お寺のおしょうさん」のじゃんけんで決めたり。

先週、「アルプス2まんじゃく知ってる?」と聞いてきた子が!!
1まんじゃくではなく、2万??
さっそく教えてもらいました。
ちょっと難しいーー。


で、他の子にも聞いてみると
知らない子が多く、教えてーーと言われ…
あれ??ちょっと忘れちゃったーー。


で、今日、最初に教えてくれた子が来たので
もう1度教わりました。


教えてくれた子は、もう小学生なのですが…
年少さんの時からレッスンにきていたので、
よく手遊び歌を歌っていました。
っで、今はリズムも拍子感もバツグン!!

少し大きくなってからレッスンを始める子のなかには
4拍子と3拍子の違いも分からに子も。
保育園、幼稚園でほとんど歌を歌わず、
「アルプスいちまんじゃく」も知らない…なんて子も。

大きくなってから、拍子、リズムの感覚を覚えるのは大変なこと!!
手遊び歌…重要ですね。
上田の小学校は、6月に音楽会を行う学校が多く…
この時期は、合奏曲の練習が過熱中です。

担当する楽器のオーディションがあるから…と
楽譜を持ってくる子もいます。


高学年の子は、オルガンの楽譜を持ち込み…
和音が多く難しめでしたが、無事に希望だったオルガンをゲット!!
っが…
他の楽器ができていないから~と、楽譜が変更に!!
きゃーーっ!!
あんなに練習したのにーーーーっ!?

変更になった楽譜も、慌ててレッスンに持ち込み、
無事に弾けるようになりました。
合奏練習も始まるそうで…無事に弾けますように!!


今日は、別の子が合奏曲の楽譜を持ち込み…。
まだ3年生なので、楽譜は五線ではなく、ひらがなとカタカナを使った楽譜。
ある程度楽譜が読める子なので、逆にひらがなに苦戦しつつ…
楽器のオーディションに挑むそうで。
がんばれーーーっ


自分から、あの楽器がやりたい!と挑戦していく子達がいるなか…
何の曲をやるのか…
楽器は…?の問いかけに、わかんない――という子も。

学校ではどうしているのやら…。

同じ学校の子に聞いてみたり…で、
なんとか曲がわかり、慌てて練習をみましたが…
楽譜を持ってきてくれなかったので、あっているのかどうか…。


すさまじい温度差です…。
今日は年中さんの女の子が初レッスンに!!

先月、体験レッスンにきて、
5月からの開始となりました。

記念すべき、人生初のピアノレッスン。
っが、体験レッスンの時はお父様が同行して下さって、
今日はお母さまが初めていらっしゃり…まさかの迷子っ!!

ちょっと遅れてしまい30分だけのレッスンとなりました。
まだ4歳ですが…
試しに1人でレッスンを受けてみることに。

四分音符のカードを見て、しっかりリズムを打つことができました。
タンバリンでリズムうち…
カスタネットでリズムうち…
ピアノでリズムうち…

最初はオリズムピックの犬の絵のカードでやりましたが、
すぐに慣れて、本物の四分音符のカードでもやってみることに。

一定の速さでリズムを打つことも、
鍵盤を下に押す感覚も、とーーっても上手に!!

30分レッスンって…あっという間!!
楽しい楽しい初レッスンが終わりました。

楽しそうに帰っていきました。
まずは楽しくお稽古できるのが1番!!
2017.05.10 ことだま
レッスンの時…
「できなぃー」とチャレンジもせずにネガティブ発言したり、
すぐ涙を流してしまう子も…

コンクールの準備中は
泣いている場合ではなく…

今日は、譜読みの予定表を立て直し、
絶対泣かない、できないとかマイナスな発言はしない!と約束をして
一緒に譜読みレッスンっ!!

「ぜったいできる!できますっ」と自分で宣言して、とりくんでいました。
苦手そうな和音も…「やってみる!できる!!」と
鼻の穴を大きくしては、宣言をして…

予定の個所まで無事に弾けるようになり、
しかも曲想もできて満足げ。

悪い発言をすると、悪い方にしかいかなくなるから
良い方に発言しよう―――と約束をしました。
言霊って本当にある気がする…。


生徒チャン本人にとっては、きっと難しすぎる曲かもしれませんが
ポジティブ発言にしたとたん、楽しいレッスンになりました。


ただ…
鼻の穴を大きくする生徒ちゃんのマネをしようとしたら
「全然おおきくなってないよ。シワはできてるけど」
なにーーっ!!!!

キャーキャー笑って、たのしくお稽古を終わりました。


し…シワ……
がーーーーーーーん
2017.05.09 しゅくだい
小学1年生…
入学して1か月がたちましたが、
連休明けで、落ち着かないかもしれませんね。

今日は、1年生の生徒チャンが
レッスンバッグとは別に、もう1つ袋をもって現れました。

「みて!これ宿題だよ」と。
学校の連絡袋で…。
うちに太い三角鉛筆があることを覚えていて、
「あの鉛筆で書いていきたい」と。

私がレッスンノートを書く間に、チャチャっと宿題をかいていました。
今日の宿題は「へ」のプリント!
上手に、ていねいなキレイな字で書いていました。
あと、算数のプリントもあるそうですが、算数はおうちでやってきたのだそうで。

算数のプリントは「さんぷり」
国語のプリントは「こくぷり」というそうで。

っで、宿題全部終わって、おうち帰ったらラクだね?ときくと
「うーーーーん???何かもう1つあったなーー」と。
しばらくレッスンをしていて、突然思い出しました。
「ピアニカの宿題だー!」と

それなら…と、
ピアニカの宿題の曲も一緒に練習しました。

宿題、たくさんでていて大変そうですが…
今日は、上手にかけた字も見せれて、ご満悦だったようで。

45分レッスンにしていてよかったーー
30分だったら、「学校の宿題は、ここでやらないのっ!!」
なんて怒ってしまったかも。

時によっては、
急いで進めることよりも、生徒ちゃんのやりたいことを
優先してあげれるといいですね。


2017.05.06 連休終了
今日からレッスン再開!

珍しく、連休の3,4,5日はレッスンに来る子がいなくて
本当にのんびり過ごせました~。

今日は土曜…
3人もお休みでしたが…

「軽井沢に行った~」など
連休の報告も。

みんな連休を満喫したかな…??
満喫しすぎて、宿題なんて忘れていそう…。
きゃーーっ
2017.04.28 スタッカート
スタッカート…
意味を調べると「短く切る」と書かれています。

っが、
作曲者によって、曲によって、場面によって
短さが変わったり
鋭さも変わったりします。

鋭く弾く時、少しだけ切って弾く時…などなど、
指、手、腕の使い方も異なってきます。

小学生たちに、ただ
「もっと鋭く」と言ったって、
出来ないわけで。

小さい子は、「鋭い」という言葉がわからない子もいますし。
なるべくわかりやすい言葉に置き換えなくてはなりません。

例えば、鋭いは…
「削ったばっかりの鉛筆の先っぽ」とか。
少し丸いスタッカートは
「爪の先じゃなくて、指の先」とか。

なかには、うまく説明の言葉がヒットして、
弾き方を教えなくても、そんな音が出せちゃう子も。


先週は、スタッカートがちょっと待ったりし過ぎていた子がいたのですが
「おじゃる丸になってるよ!もっととんがった鉛筆なやつ」といったら
即できてしまった子が。

それでも、再度弾くと…まったり。
指の動きが遅くなってしまうのです。

「アイロンとか、フライパン触ったとき、それじゃ大やけどじゃん」というと
ダハハハーーと笑って、速い動きに。
あまりによくできたので、
「料理とか手伝うの?」ときくと、「やらなーーぃ」と。
おぃおぃ

レッスンの終わりに、練習ノートを書く時には
「スタッカートを切をつける」と書いていましたが…。がーーん

1週間たって…元に戻っただろうなーと思っていたのですが、
今日も、いい感じに軽やかで鋭いスタッカート!!
曲の雰囲気にちょうどいいスタッカートができて、よかったよかったーーー!!


形容詞だけではない説明…
心がけなくては!!



1年生になったばかりの子…

まだ手がとっても小さいので、
音域が広がると、手自体の位置を移動しなくては届かないこともあります。

っが…
気を付けなくてはならないのが、
広げれば届く音程ならば、広げて弾くようにしなくてはならないこと。
(先生によっては、広げずに弾くことを薦める方もいらっしゃるかと思います)

このところ、身長も伸び
手も少し大きくなってきたので、以前よりは届く音程が増えだしてきた生徒ちゃん。
それでも、
つい小さかったころと同じように手を動かしてしまいます。
右に行ったり、左に行ったり…
「そんなに動かしたら、ペコちゃんの頭みたいだよ」というと
キャッキャと笑い…
広げて弾く練習を。

すぐに良くなって弾きやすくなったようです。
ペコちゃんじゃなくなったねーと話していたのですが…
どうも微妙な苦笑いの生徒チャン。

もしや…と
「ペコちゃんってわかる?」ときくと
「うん!りゅうちぇるの彼女」だそう。

そうきたかーーーーっ!!!


ペコちゃんの人形のことを教え、
間違いに気づき、2人で一緒に大爆笑ーー!

ジェネレーションギャップを感じました。
今日は、日曜ですが、高校生がレッスンにやってきました。

勉強に忙しい高校生っ!!
週末は大量の宿題が出るのだそう。

ほとんど(いや、全然かも)
練習をしてくることができない高校生…

ですが、レッスンの時は、
前回レッスンしたところまではすぐに思い出して弾くことができます。

毎回、ハノンで少し指を動かしてから、曲の練習へ入ります。
一応、片手を弾いて…両手…。
丸暗記をしているのではなく、楽譜を見て弾いている様子…。
そぅ!!手元を見ないでっ!!!
パソコンで言う「ブラインドタッチ」です。

時々、ポディションの移動があると、ちらっと鍵盤を見ますが、
ほぼ鍵盤を見ないで弾けるのです。


生徒たちの中には、鍵盤をじーーーっと見ないと弾けないっという子もいるのですが…
そんな時は
手を本などで見えないように隠して、言った音を弾くお稽古を!
「ドミソファレ」とか言った音を弾いてもらうのです。

今日来た高校生も、小1からレッスンにきていましたが、
小さいころは、隠して当てっこゲームが好きで、よくやっていました。


練習をしていく過程で、鍵盤位置はだんだん体になじんで
覚えていけてしまう子もいるのですが…
なかには、全く覚えられず、どんどん下を向くようになってしまう子も。
うーーーん
色々原因がありそうなのですが…。

練習量が少ない…
ドレミの順番が覚えられていない…
おうちで弾く時は、姿勢が違っている…
空間認知力に問題がある…
などなど…。


今日、高校生が見事なブラインドタッチで弾いていたのを見て
凄さを感じました。
すごぃけど…たしか…その子……時々、玄関でドアに挟まるんだなぁ…
体の幅は認知ならず?
怪我しないように~!!